アパート経営と初期投資はこのくらいです

案外少ない?初期費用はこれだけあれば大丈夫!

毎月の家賃が不労所得として入るアパート経営の不動産投資は、アパートを手に入れる事が最初の一歩です。財産分与等でアパートを貰った人等は別として、ほとんどの人は最初にアパートを購入する必要があるのです。
購入する費用はアパートの価格によっても違いますが、アパート購入には住宅ローンが適用されます。その為初期費用はローン取引額によって課される税金と銀行に支払う住宅ローン手数料が必要になり、合計しても約5万円以内で収まる人が多いです。これに不動産屋が銀行と仲介してくれたり身元保証になってくれた場合はその手数料がプラスされる事もありますが、どちらにしても住宅ローンを上手に使えば初期費用は少額で始める事ができます。

早く利益を出す為に空室を無くそう!

アパート経営で最初にかかった初期投資と月々の住宅ローンは、アパートの家賃で返済する事が一般的です。この初期投資と住宅ローンが回収できてからのアパート家賃が利益になる為、早くに返済した方が利益は大きくなります。
早くに返済する一番の方法は、空室を作らず毎月確実に家賃収入を得る事です。その為には入居者が住みたいと思うアパート作りが重要なので、アパート経営をする時は外観、内装等こだわった方が良いです。そうは言ってもこだわる程にお金がかかるのが建築なので、費用をかけたくない場合は中古アパートをリノベーションして貸し出す方法もあります。最近は発送を逆転させ、購入した中古アパートを入居者が好きにリノベーションしても良いと言う大家もいます。

© Copyright Property For Sale. All Rights Reserved.